陰陽五行思想は古代中国から伝わった考え方であり、日本では平安時代に陰陽師と呼ばれる人たちが活躍していましたが、そもそも陰陽五行説とは陰と陽の考え方、木火土金水という5つの要素が合わさった思想なのです。

現在では陰陽五行占いという占いに利用されていて、生年月日から自分の性格や適職、さらには相手との相性も占う事ができますよ。

早見表を見て、西暦の生まれた年と生まれた月から基本数を導き出し、さらに生まれた日の数字を足したら下一桁の数字が五行の数字になるのです。

陰陽五行占いを行う上で注意するべきは、この占いは旧暦で考えられているため、現在のカレンダーではズレが生じる可能性もあるという事です。

この占いでは人の気持ちや感情を占う事はできませんし、占いの結果が悪かったとしても、あくまでも参考程度に考えると良いでしょう。

次の投稿

赤ちゃんの手相はどう見るの?

月 9月 14 , 2020
人は誰しも手相を持っていますが、もちろん赤ちゃんの […]