ホロスコープの第4ハウスにある天体は、何を表しているのでしょうか?

第4ハウスはその人の家族や祖先、家庭環境や不動産を表していて、心の拠り所や安らげる居場所、その人が過去や親から受けている影響についても知る事ができると言われていますよ。

第4ハウスに太陽がある人は保守的な人が多く、家族など身内とのつながりを重視していて、月がある人は家庭や親しい仲間の存在に安心感が得られるのだそうです。

水星がある人は知的な人が多く、自宅など居心地の良い場所で仕事をする傾向があるそうです。

金星がある人は温かい家庭で愛情を受けて育つ傾向があり、火星がある人は賑やかな家庭を好み家族とはぶつかりやすいのだそうです。

木星がある人は裕福な家庭で育つ傾向があり、身近な人からの経済的援助も得られるかもしれません。

次の投稿

生命線が途切れている人の運勢とは?

木 12月 17 , 2020
手相の三大線の一つである生命線が途中で途切れていた […]