粥占いは日本の神社で毎年行われているお粥を使った占いであり、1年の農作物の豊凶について占われるのです。

粥占いは毎年1月15日頃の小正月に行われ、粥占いの方法は神社によって異なりますが、炊き上がった小豆粥の中に棒や竹管を入れて、付着した粒の数を数えて占ったり、数日放置してカビの生え方から豊凶を判断するなどの方法がありますよ。

農作物だけでなく、天候や災害、世相などについて占う事もできるそうです。

昔は村単位で行われていたと言われていますが、現代では無形文化財として指定されていて、神社の行事として行われています。

見学できる神社もあるとの事ですから、気になる方は小正月の粥占いに注目してみてはいかがでしょう。

次の投稿

名刺相占いではどんな事が占えるのか?

火 8月 2 , 2022
相術の中にも色々な種類がありますが、今回は名刺を使 […]