金星帯と呼ばれる手相を持っている人はモテると言われていますが、どんな意味があるのでしょうか?

金星帯とは人差し指から薬指の下に弧を描くように感情線の上に伸びている手相の事ですが、ヴィーナスラインとも呼ばれています。

この手相があると色気や魅力があると言われていて、異性からの好感度も高い傾向があるそうです。

金星帯の手相が濃くて太い線だった場合、手相の意味合いが強まるため異性からのアプリーチが多かったり、美的センスを持っていると言えますが、モテる事による対人や恋愛のトラブルに巻き込まれないよう注意しましょう。

線が薄かったり細い場合には手相の意味も弱くなってしまいますが、線がない人よりも色気や魅力があると言えるでしょう。

次の投稿

ホラリー占星術で占ってみよう!

金 3月 12 , 2021
ホラリー占星術は17世紀には戦争などで使われていた […]