中国発祥の占い、奇門遁甲で何が分かる?

奇門遁甲は中国発祥の式占の一種であり、その歴史は古く有名な諸葛孔明など中国の軍師が戦争で使ったと言われている卜術に分類される占術なのです。

的中率が高い事で有名ですが、昔は占いとしてではなく呪術としても使われていたのだそうです。

日本には推古天皇の時代に伝わり、年盤や月盤、日盤や地盤という専用の遁甲盤を鑑定に合わせて使い分ける事によって、先天的な運命や方位の吉凶が分かるため、最適な時期や時間について知りたいという場合にオススメですよ。

奇門遁甲は複雑かつ難易度の高い占術ですから素人が占うのは難しいですが、現代では開運や願望成就のために用いれらているので、どこの方角だと開運できるのか気になる方はプロの占い師の鑑定を受けてみてはいかがでしょう。

Previous post 数秘術で人間関係を円満にできるのか?
Next post 耳の形で性格と運勢が分かる耳占いとは?