神社で今年の運勢を占う御神籤は占いの一種ですが、どんな特徴があるのでしょうか?

御神籤は運勢が良い順番があり、大吉が最も良くて次に中吉、小吉、吉、末吉、凶、大凶という順番になっていますが、神社によってはさらに種類がある場合もあるようです。

神社に行ったら、参拝を済ませた後に御神籤を引くのがポイントですよ。

もし御神籤を引いてみて、あまり納得できない運勢だったとしても、他の占術と同じで1日に何度も御神籤を引くのは良くないのです。

運勢よりも、書かれている内容が重要ですから、しっかりと読んで内容を受け止めましょう。

引いた後は神社によってルールが異なり、神社の結ぶ場所に御神籤を結び付けておいたり、御神籤で出た運勢によっては良い結果だったら持ち帰るという考え方もあるのだそうです。

次の投稿

顔から分かる凶相とは?

月 1月 25 , 2021
人相占いで近づかない方がいいと言われている凶相には […]