とっても珍しい結婚線をご紹介いたしますので、ぜひ自分の手のひらをチェックしてみましょう!

そもそも結婚線は、小指の付け根と感情線の間にある線の事であり、結婚線の長さは小指の付け根の三分の一くらいの人が平均的だと言われています。

結婚線の長さが結婚の質を表していると言われているため、結婚線が短い人は結婚の質が悪くて、結婚線の長さが小指の半分くらいまであると結婚の質が高いという事なのです。

薬指の下まで結婚線が伸びている結婚線の事を玉の輿線と呼び、さらに薬指の下から太陽線の縦線が伸びていて、結婚線とも繋がっている場合には、結婚する事によって地位や名誉などが手に入る事を暗示しているそうです。

ただ、手相の結果が良かったとしても結婚できるかどうかは自分次第ですから、せっかくの幸運を逃さないために行動しましょう。

次の投稿

ジオマンシーの占いってどんなもの?

火 3月 17 , 2020
ジオマンシー占いとは大地の力を用いるという土占いの […]